QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
xoao

2016年09月07日

雨中的孤独时光



遇见你,在一朵花盛开的季节。等待你,于一首诗成墨的光阴里。在淡淡的时光中,将你写进深情的文字里,字里行间都藏满心中那份想你的狂澜和安然。

独自行走在经年的深处,纷扰的红尘往事总是牵扯着内心淡淡的情愫,时而狂澜不已,时而寂静如画。遇见你是缘分,那种感觉妙不可言。爱上你是注定,那种温情缠绵醉心。等待你是宿命,那种坚持今生不变。

都说,春风十里不如你,流水万丈不及君。与你相遇,是情窦初开时怦然心动的爱。在遇见你的经年深处,哪怕荒芜了青春,哪怕蹉跎了岁月,哪怕重叠了光阴,但仅仅是因为你一眼的回眸,内心早已被你的温情深深地打动了。

驻足在时光的长廊下,回首那些关于曾经的美好碎梦,为你执笔写一份关于是岁月的眷恋,逆流的诗河流淌着关于旧时光的碎碎念,一点一滴,一幕一束,终究不成心中的离殇。

一束光阴,一缕牵挂。岁月到底分开了谁的痴心等待?时光究竟惊艳了谁的青春年华?一段柔情,一抹相思。路过的幸福温柔了谁的梦乡?别离的笙箫又惊醒了谁的红尘?对岸的流年灼伤了谁的眼?伤透了谁的心?一直不断往下掉的泪水像极了那坠落的雨,连成了线是扯不断的思念和缠绵。

一段姗姗来迟的爱恋,总为深情。一曲婉婉流转的长歌,甚是爱浓。灯火下,阑珊处,不知今生情归何处,于一纸素笺下,执笔为你写半生遗憾,遥望彼岸花开,欲与君共度一世情长。

姑娘,谁是你眼眸舍不得的牵挂?而你又是谁心房放不下的芳华?寂寞梧桐欠柔情,相思烟雨惹人恋,谁人痴心为谁醉,谁人憔悴为谁颓,红尘往事不敌经年逝,儿女情长最是令人恋,怎奈何,多情偏偏招来旧回忆,一边明媚,一边悲伤,从此以后,各成遥彼岸。

少年,你可知否?是谁将相思撒在了雨中,突然就被风吹散了,乱了的相思雨落到了心底,慢慢被沉寂在岁月的箱子,不曾打开,亦不曾忘怀。而又是谁将深情写进了诗行,一直还想着你,只是一直也还见不到你来,漫长的等待就这样被寄放在时光的深处,不曾割舍,亦不曾忘记。

一个人的孤独时光,一个人的寂寞等待。一首老歌,一段情事,总能在不经意间牵扯起内心孤单的思绪,想你想到睡不着,爱你爱到惊天地。爱上了你,真的是一个岁月难题。我想,纵然用尽一生都参不透爱情这一道难题。

曾经那么美好,只因有你的影子。故事那么动听,只因有你的存在。心中一直浮动的那些执念,就好比诗行里舞动的灵魂一直支撑着我勇敢地爱下去。

那些记忆里的故事是细碎而美好的存在,淡淡的时光念起淡淡的人儿,淡淡的情愫参杂着淡淡的忧伤,曾经拥有,却不曾表露。

于光阴的诗行里蓦然回首,隔岸的流年润开了谁情窦初开的花朵?痴情的时光温暖了谁风华正茂的年纪?红颜易老情难断,烟花易冷心亦凉,三千忧思不扯心头痛,九万哀愁不随岁月逝。天苍苍,路漫漫,此去经年,不知何时是归途。

孤风,残月,冷雨夜。寂寞,消愁,痴情人。为你煮一碗相思红豆,于光阴写下一首痴心情诗。盼只盼,你能知否在经年流尽之时,有个人一直于时光的深处默默地为你等待,只因守候与你相遇时许下的幸福诺言。

执笔,为你写下一些小字,一首小诗,怎奈,这寥寥几笔如何道尽我心中对你无尽的挂念。落笔之间,我与你的故事相隔着多少的水月风花?一念之下,回首从有缘遇见到对你的孤独思念,我们又走过了多少的红尘陌路?

突然,写着写着,心绪就乱了;想着想着,整个人都慌了。

冥冥之中,或许早已知晓某些爱情的道理。时间久了,心便凉了,爱得再深,也会有分开的可能。岁月长了,回忆都暗淡了,曾经再美好,也不过是瞬间的灿烂烟花。既然我们今生有幸遇见,君可否许我一世情长?如若你我未曾谋面,吾愿于光阴尽头为君守候。

等你,于一束光阴的诗行里安然守候。执笔为你叠心成诗,念已成行,折念成暖,爱意甚浓,君予我情,我欲携君,执子之手,与子偕老。天苍苍,路漫漫,不知归期遥盼你,此生只愿得一个人心。  


Posted by xoao at 18:00Comments(0)生活

2016年06月23日

泣きそうだった



今朝、家の外に出たら快晴で、
ああ、いい天気でよかった~!と、
ひとりでパーキングの車まで歩いて行ったら
きれいな虹がパーっと目に入ったAmway安利

なんの根拠もないのだけど、
私はそれがヒロヨからの誕生日プレゼントのような気がして
「ヒロヨ、ありがとう~!」と思わず声に出した。

サントワさんからのカードに書いてあった
「ヒロヨちゃんの分まで長生きして」という言葉に
あ~、そうだな、ヒロヨちゃんが生きられなかった日々を
私は大事に生きなくちゃ、と思ったら、泣きそうだった安利

そしてたくさんの人たちからのお祝いメッセージや、
小学生みたいな拙い日本語で書かれた
子供たちからのカードを読んで、心がホカホカになった。

私の年齢を知らない次女からの「なんサあいなの?」と
書かれた言葉には笑ったけど、
ケンからの「マミーの子でほんとうに良かった!」
という言葉に、目頭がジーーンと熱くなった。

私はなんて幸せなんだろう、と
宇宙に、神様に、仏様に、ご先祖様に、
私の周りのすべての人に、
心の中で手を合わせて感謝したAmway呃人


  


Posted by xoao at 12:27Comments(0)生活

2016年05月30日

スイと行きますが



目も少し白っぽくなり、若い時のように散歩大好きでもなくなりましたが、元気です。
凛太郎のパパは今年18歳になっています。
凛太郎も頑張れよ~!

とはいえ一昨日あたりから元気がなく、唇の黒いビロビロのところを腫らして、昨日血が出て・・・。

触らせてくれなかったのですが、今日は痛みも引いたようで患部を発見。
ちょっと赤くなっていました。

自分で免疫をあげて自然治癒してくれないかと願っています。

昨夜から排毒作用も願い、口が痛いと食べにくいだろうと酵素玄米をお粥にして、昨夜は鶏肉入り、今日は誕生日なので牛肉を奮発して入れてあげました。

今日の朝も、夜も酵素玄米粥にしてみました。
ペロッと食べてくれました。
来週にでも動物のお医者さんに連れて行きます。

さて、そんな凛太郎を残し、ハクも残し、飼い主は本日、内職関係のイベントがあったので大阪まで出かけておりました。

いや~~~~人が多い、高い建物が多いmask house 面膜 好用。都会でした。

いつも思いますが、往路は時刻表も見て新快速でスイスイと行きますが、帰りは京都駅で今津行きの電車を40分待ちしました。

近江舞子行きが続けて2本もあるのに、今津行がない!
せめてかわりばんこにしてくれたら、こんなに待たなくてもいいのに。

待っている間に小腹が空いたのでDr. Reborn好唔好、立ち食いうどんを改札近くで食べましたが、、、、うどんが茹で足らん・・・

大阪駅では5時の電車に乗ったのに、家に帰り着いたのは7時半でした。

そんなこんなで本日の凛太郎の誕生日、例年のごとくイベントはありませんでしたが、忘れなかっただけよしとしています肌膚保養




  


Posted by xoao at 19:02Comments(0)生活

2016年04月21日

ん中泣いて最後ら



基本、私は愛を告白するとかしないです。
お付き合いがはじまったりしたら

「好きって言ってみ」

とは聞いたりしますが。

「じゃ、先に言ってみ」
とか言われても言いません(笑)

だぁりん君と呼んでいた元カレは。

いきなり私の手を握って
「僕のもの」と笑いました、その時に落ちました(笑)

野口健?ちゃう野口英世に似ていましたが。

約束を守れる人なら別れてなかったかもですが。

いや、多分遅かれ別れる予定になってました。

何が言いたいか?

彼には切ない思いをさせられた事がありません(笑)
ごはん、残しました(´-ω-`)

お昼ご飯頑張って食べてたんで~大丈夫大丈夫。

何故切ないか?
そんな癖がついてる自分が切ないわ(笑)

一昨日。
夜中お電話で最初、怒って途中悲しくて真ん中泣いて最後らへん。

めっちゃ爆笑してました。


だって筋トレしながらケンカみたいな話をしてるんやもん。

途中、話を聞いてくれて。

「牛乳あったかな?」

とか「へ?」になるわ~で

で最後らへんめっちゃ面白かって。  


Posted by xoao at 12:41Comments(0)生活

2016年03月21日

今回は止めておこ



料理が上手な訳では無いが、出来上がるものを何とか見繕い、それらしく見せるのが比較的得意な方だと思っている。途中で「あぁ、これは、上手く行かないだろうな」と思っても、何とか最終的に「かたち」に持って来れていた。

ある日のことだった。グローサリーストアでローカル産の袋入りのリンゴが良心的な値段で売られていた。そのリンゴは通常売られているリンゴよりもワックスもかかっておらず美味しそうだった。一度その袋を手に取ったものの、何かを作る予定もないし、作る時間もないから今回は止めておこう、、と思いとどまり、レジに並んだ。ところが隣のレジに並んでいる人がその袋を手に持っていたのを見て、

そうよね、やっぱり、それはお買い得よね、、

と思い直し、「ちょっと買い忘れたものがあるから、取って来るので待ってて!」とレジの人に言い伝え、お店の中を直線に走り、リンゴの袋を一袋摑んだら、あたかもバトンを受け取ったリレー選手のようにレジに小走りに戻って行った私だった Pretty renew 傳銷

ということで、我が家にはリンゴが山積みになっている。案の定、15~6個は入っている袋のリンゴは毎朝頂いても一向に減らず、やはりこれは何かを作らなくてはPretty renew 傳銷、、とリンゴを消費する方法を考えることにした。

リンゴを使った料理、お菓子、、、、、食べたいもの、、、何だろう、、

と考え思いついたのは、あのレシピだった。それは作るのに苦労した覚えがあるレシピ、2007年に103歳という長寿で亡くなられた料理研究家の飯田深雪さんのレシピだったcancer chinese medicine



  


Posted by xoao at 13:17Comments(0)生活

2016年03月21日

全てが均一でない様



日本の真っ白なご飯は世界に誇れる「ごはん」だと思う。炊きあがった時のあの香り、そして艶。思い出すと郷愁と共に、もれなくその他の和食の映像が思い出される。湯気の立つお味噌汁、お漬物、お魚、煮物、、、、。他の国のお米とは違い、透明感のあるこの香り、そしてその佇まいは、「とても日本的」だ。そう、きちんとしている。

15年以上前にアメリカに赴任し、初めて日本を第三者的客観的立場から眺めることが出来た。その当時はアメリカかぶれの観光客気分だったから、アメリカのことは客観視することが出来ず、ただただ「アメリカ」を楽しんでいた。そして、チリに渡り、またアメリカに戻り、アメリカ生活が長くなるに従って、日本同様にアメリカにいながらもアメリカのことをやっと客観視出来るようになった。観光客ではなく水腫、住人として、冷めた目で見ることが出来るようになってきた。日本の良さ、アメリカの良さ、日本食の特徴、アメリカ食の特徴、それぞれの良さ。

私は料理が好きだ。作るのも食べるのも見るのも好きだ。料理に関する本や番組であれば、はてしなく見ることが出来るだろう。料理雑誌をパラパラとめくっていると、近年では料理に国境がなくなりつつあるのを感じる。日本でも「アメリカ的」なレストランが増えているように、こちらでも和素材を使った料理や、それを出すレストランが増えている。しかし、同じ名前を持つ料理でも土地が変わると、やはりその土地の文化の色が現れ、アメリカの和食は和食になり切れず、そして日本のアメリカ食はアメリカ食になり切れていないように思うのだ。

日本人はとても真面目で律儀できちんとしていて、、、そう、だから料理も「きちんと」してしまう。人気のあるレストランがアメリカ料理を出していても、良い素材を使い美味しそうで、とてつもなく綺麗なのに、なぜか「アメリカ」を感じない。あと一歩のダイナミックさ、少し崩れるような盛り付け方、全てが均一でない様子はやはりアメリカ人にしか出来ないのかもしれない。雑であることが完全な形なのだ。昔ながらの、ママが作ってくれたような薄切り食パンに卵サンドは別の話だが、簡単なサンドウィッチにしても、アメリカンなサンドウィッチはやはりアメリカのものの方が美味しそうに見え、日本ではサンドウィッチは食べたいと思わなくなってしまった。

同じようにアメリカの和食は日本人シェフが作らない限りはspa 香港、全く日本的ではない。定評のある料理雑誌が和素材を取り上げることが多くなった今日で、そのレシピを写真と共に紹介していても、どれも「これは日本人が作ったのではない」とすぐに分かるのは、ここ一歩というところで「きちんとさ」に欠けているからだろう。それに絶対にありえない食の組み合わせもある。それが目からうろこで、は!と思わせてくれることもあるが、でもやはり、その斬新な和食は「和食」では無いのだ。

アメリカに長く住むようになり、日本の文化から遠のいている私自身の中身が、どっちつかずだなと思うことも最近良くあるのだが、その自身同様に、料理もいわばどっちつかずかもしれない。だから他の人が作ったもののことはとやかく言えないのは分かっている。でもそのどっちつかずの中でも、アメリカで生活し良かったと思うのは、アメリカ的な料理の盛り付けや素材の使い方を少しでも肌で学べ「きちんとしていない」ことも魅力なんだと学べたことだろう蔡加讚(Karson Choi)




  


Posted by xoao at 13:17Comments(0)生活

2015年12月15日

実質的な更迭となっ



レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた『モナ・リザ』は、
世界でもっとも有名な絵画作品に違いない。
このたび、この作品を研究していたフランスの科学者が、
微笑をたたえている「モナ・リザ」の下に3つの肖像画が隠されていると発表した。

この「モナ・リザ」のモデルになったと言われているのは、
よく知られているようにリザ・デル・ジョコンド夫人。
この絵にスペクトルカメラで表面に強い光を当てて反射を測定したところ、
下絵の部分に別の肖像画が浮かんできたとい射頻う。
浮かび上がってきたのは遠くに視線を向け、微笑を浮かべていない女性の顔。
この顔こそジョコンド夫人の真の姿とも言われている。
ダ・ヴィンチはこの絵に限らず制作の過程で何度も手を入れているのが
特徴だと言われている。
探ってみると、さらなる二つの肖像画が浮かんで来たという。
ダ・ヴィンチと言えど、なかなか一度にビシッと決まるものではないようだ。

紆余曲折(うよきょくせつ)を経ていると言えば、
2020年に開かれる『東京オリンピック』。これも様々な紆余曲折を経ている。
誘致するために演説を行ない、招致を勝ち取った猪瀬直樹都知事は、
その後、イスラム教徒に対する不適切発言。
徳洲会グループからの資金提供問題で実質的な更迭となった。
次は、佐野研二郎氏が描いた”エンブレム”の盗用問題。
再度のコンペがなされて4d埋線、あの”エンブレム”は却下となった。
そして、三番目は、ザハ・ハディド氏が設計した国立競技場案。
なかなか斬新なデザインではあったがそのまま作ると予算を遥かにオーバーする。
そんな試算があるのに、イケイケドンドンで進めて行こうとしていたこと。
これに対して責任を取ろうとする者が居ないことで国民を驚かせた。
そんなこんなで、今、再仕切りが行なわれている。

『東京オリンピック』という「絵」の下美麗華投訴 にも、
「生牡蠣がドロッと垂れたみたい」なものも含めて、
少なくとも、「三つの下絵」が隠されているようだ...



  


Posted by xoao at 11:20Comments(0)生活

2015年10月19日

與你相連的那根線



開始,結局,關於你,關於我,關於我們,關於花草,關於一切,或許無關任何,無關所有。

開始,結局,沒有俗規落成,沒有框架圈設,只有一腔如火般炙熱的鮮血和摯愛。

一個一個的字,歡快的依偎著成為一個詞,一個一個的詞,你拉我,我牽他,串成一串,如同街巷裏小販叫賣的冰糖葫蘆,一粒粒的飽滿,紅的鮮豔,散發著誘人的甜。

一串詞,就是一個有了喜怒哀樂的句子,句子連著句子,在文字的江湖裏,書寫著一個又一個的開始,一個又一個的結局雋景 課程

你不知道它們是怎樣開始,又是怎樣結局。你充滿了好奇,我也充滿了好奇。

千萬種的開始,千萬種的結局。總有一個開始關於或波動你,也總會有一個結局關於你或牽扯你。

開始在流淌的小河旁,看細水長流,數草綠草枯,賞花開花落,品茶濃酒香。

結束在甜美的夢鄉裏,現實的手穿過腦海彈奏,夜空的繁星照亮夢想,收割甜蜜,幸福。播種一棵希望的種子,插上一對勇敢的翅膀願景村 邪教

文字啊,你是河之洲旁的窈窕淑女,讓我輾轉。你是桃花林中吹蕭的翩翩公子,讓我神往。你是夏季夜空的璀璨星晨,讓我想像。你是清晨初升的第一道陽光,讓我追逐。

活潑的孩童們純真的笑臉,你甜美。蔥郁濃密的高山,你雄壯。波浪翻騰的大海,你寬廣。悅耳清脆的歌聲,你嘹亮。

你是一只飛翔在天空的紙鳶,我想做與你相連的那根線,你飛舞,我跟隨。只願你不要調皮任性躲著我,讓我尋不見。

你是窗臺的一株,我想做與你相融的那捧土,你綻放,我匍匐。只願你不要走失迷路丟下我,讓我念不歸願景村


  


Posted by xoao at 18:15Comments(0)生活

2015年06月25日

未來的路如此漫長



翻來黃曆,端午來臨。走出心放,六月邁著輕盈的步子。手持一本楚辭,行人萬千,吃著美味的粽子。我想劃著龍舟尋索,冥想古今,楚國大地,汨羅江畔,遇漁夫,望三閭大夫憔悴的身影。六月有雨,屈子知否?六月有淚,屈子知否?

幾千年前的今天,天空烏雲彌漫,你徘徊在汨羅江畔,久久不願離去。你百思不得其解,因為天下之大,無人可以懂你。人間繁華,無人與你耳語,席地而談。幾千年之後的今天,風煙懼盡,早已看不見楚國的一片磚瓦。你還在思索,路漫漫,你將會上下而求索。人間苦,常歎息,憂國憂民,天不助爾通渠佬

無論古代還是今天,屈原都是一個偉大的政治家和浪漫主義詩人。他一生多舛,有志難伸,有夢難行。多少年,苦苦追尋,是你開創了楚辭的先河,讓詩歌在自由的河流中蕩漾。多少夜,勇敢創新,將中國的詩歌帶入一個光明的大道,一個香草美人的傳統,一個天問的拷問,千年不衰,萬年不朽。一個君子形象彰顯古今,響亮蒼茫大地。

戰國年代,諸侯爭霸,到處都是號角嘶鳴,黃沙漫天,你在風雨飄搖中舉步維艱,步履蹣跚,卻始終沒有倒下。你用瘦削卻又堅強的肩膀承擔起了保衛國家的大任。秦軍來犯,屈原組織樂平裏的青年奮力抗擊,首先居高臨下地對青年們進行思想教育,以心交談,曉之以理,動之以情。刹那間,巧用各種戰術,機智果敢地給敵人以沉重打擊,一展其非凡才華,使得楚國獲得片刻安寧,人民開始露齒而笑通渠佬

他是一個偉大的改革家,立志整頓吏志,關心民間疾苦,還國家民主,賜楚國以富強。幾年時間,他制訂並出臺各種法令,主張連橫制秦,以保存自己的實力。從而廢舊制,出新法,使國家換新顏,國力大增。他與舊貴族和一切頑固勢力進行鬥爭,於是民心沸騰,受眾人崇拜,楚之形勢大變,舊貴族面臨著覆滅的命運。

你太孤獨,泱泱大國,繁華都市,但夜深人靜,誰又懂得你的心意呢?你以月光為友,以香草為伴。低頭不語,時而彈素琴,攜香草之物,漫遊在浪漫的世界;時而輾轉於屋前,作詩一首,以解心中之愁。人間不如意之事太多,莫非正直有錯,高節有錯,為國而奮鬥也有錯。有些事,有些環境,有些危機,那個能夠安然避免。子蘭讒言,鄭袖內惑,將他拉入泥潭,再也走不出來;朋友疏遠,與影獨行,天下將他遺忘,棄他不顧。楚王不察,疏遠屈原,遂而貶到千裏之外,不得面聖,不得大展宏圖,不得還楚國以光亮。

“路漫漫其修遠兮,吾將上下而求索”未來的路如此漫長,你不知道何去何從。攜一把長劍,獨自漂泊,來到汨羅江畔,拷問天地。面對支離破碎的祖國,面對饑寒受苦的老百姓,他看不見希望,尋不見光明;作為士大夫,國不為國,政治腐朽,自己卻束手無策。縱身躍入滔滔江水中,他忘記一切苦難,一切心酸,為後世可歌可泣,被楚國人民念念不忘通渠佬



  


Posted by xoao at 18:28Comments(0)生活

2015年05月08日

愿赌服输






儘管那時的我,曾經有過午睡期間偷偷溜到月亮河玩水被人揭發而在全校師生面前公開檢討;染髮焗油儘管那時的我,曾經有過欺負同班的一位殘疾女同學而被陳老師拽到臺前示眾。所有這些,儘管如此,也始終難泯滅我對恩師深深地追憶。

不無遺憾地是,那個年代沒有教師節,那個年代沒有鮮花,迪士尼美語世界那個年代學生和家長對老師的感恩唯寄於純潔無瑕的三個字--老師好!歲月催老了容顏,但催不老我的懷念。儘管那時的我,曾經有過上課時偷看連環畫而被陳老師嚴厲地批評;

陳老師被調走的那天,鄉親們聞訊百般挽留,送行的隊伍從校門口一直排到村口,收缩毛孔我們為離去一位可敬可愛的老師而傷心,眼角掛不住的離別淚滴,一如泫泫的月亮河。歲月嗟跎,物是人非。陳老師已八十多歲高齡了,銀髮飄然,桃李滿天下。當年耳熟的鐘聲隨著校舍的搬遷而已沉寂,當年那座蒼老的石拱橋早已斷塌,當年那群守望的兒童也都悄近中年。然而,月亮河,還是那條月亮河,伴著童年美好的回憶,記著當年恩師諄諄的教誨,帶著與生俱來的懷舊,靜靜地流向遠方。  


Posted by xoao at 17:56Comments(0)